青年海外協力隊で保健師として活動しています。2011.1.12~フィリピンにやってきました。


by motokayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Baler life( 25 )

まだまだクリスマス

今日、チーフナースの部屋へ行ったら、他のナースと本気で言い争いしてた。
ローテーションについて。
白熱していて、半分ぐらいしかわからず、そしてパッと見怖いけど、こうやって意見があるっていいなーと思った。もっといろいろ討論してほしい!

今日は、外来のクリスマス会(新年会?)
フィリピンのクリスマスは1月の第一日曜までらしい。
どこ行ってもまだまだ普通にクリスマスの飾りつけがある。

何か日本食持ってきて!ってことで、恒例のお好み焼きと、巻きずし。
e0201480_2405144.jpg

海老アレルギーのドクターがいるので、干しエビ抜き。

あと、ゲームも…ってことで、パン喰い競争的なものと、
e0201480_2412068.jpg

イス取りゲームを。
e0201480_2414416.jpg

イス取りゲームの盛り上がりがすごい!音楽ノリノリでまわる!
日本で大人がゲームってありえないな~と思った。

そして今日は同期の第一陣が帰国。いよいよ!
…と思っていたら、配属先で流れていた曲は、訓練所で作ったアルバムのエンディングの曲。
(アルバムはそんなに見なかったけど、たまに音楽は聴いていた)
あまりの偶然にビックリとともに、本当に終わるんだな~としみじみ。

クリスマス前くらいに、4月に帰国するよーと実家に連絡したら
「今年の日本は異様に寒いから、延長して正解!」って返ってきた…。こんな感じの家族。
[PR]
by motokayo | 2013-01-03 22:38 | Baler life

The warm heart of the Philippines

The warm heart of Africa といえばマラウィのことだけど、
The warm heart of the Philippinesと言えば、任地Balerかもしれない。私にとって。

どこへ行っても知り合いに会う。
歩いていても、バイクに乗っていても、バンやバス待っているときも、マーケットでも。
年末年始で3回、教会に行ったので、牧師さんも知り合いに。
どこで会ったか忘れたけど、患者さんで私を知っている人も。

いろんなところで声をかけられるけど、それが全く苦痛でないのは、ほどよい距離感と、あったかい感じなのかもしれない。そして、話をしていると、いろいろ参考になることも多い。

元旦。初日の出を見に行ったけど、あいにくの天気で日の出は見られず。
e0201480_230093.jpg

前から気になっていた近所のパン屋&ケーキ屋さん。
ちょこっと寄ってみたら、今日は休み。 
…だけど、「よかったらケーキ食べて行って!」と試作品含め、いろんなケーキをいただきました!
e0201480_230307.jpg

e0201480_2305726.jpg

ここのケーキ、今期のクリスマスで4回も食べたけど、飽きない。
他のフィリピンのケーキより美味しいのは、オーナーさんが常に研究してるから。
そして、後ろに見える食パンは、日本の食パンに似てます。
しかも、オーナーさんが同じ誕生日♪で、なんかHappyになった。
「今度作り方教えるからまた来てね」と言ってくれたので、また行くけど、オーナーさんが、マニラでペースメーカー入れるそうで、来週以降。

フィリピンでペースメーカー入れると、保険きいて550,000ペソ(約100万円)らしい。
2年分くらいの給料。。。
こんな高額、払える人の方が少ないと思う。やっぱり現実は厳しい。
日本の医療制度って素晴らしいとつくづく思う。

年末年始、家でゆっくりしようと思ったのに、あちこち出かけて、元旦の午後は疲労でダウン。
ひたすら寝ました。

初日の出は見れなかったけど、あったかい人に会えて、なんだかHappyになった元旦でした。
今年も(今年こそ!?)いいことありますように。
[PR]
by motokayo | 2013-01-01 23:04 | Baler life

忙しい年末

確か昨年、年末はどこかでのんびり!と言っていたけど、限られた休みではどこへも出られず、クリスマスに引き続き、任地ステイ決定。

そんな年末。フラフラ歩いていたら、バンのおっちゃんに出会う。
この人、バンのおっちゃんで唯一英語が通じる人で話しやすい。
しかも、ちょっと前に知ったけど、病棟師長のお兄さん。んー狭い!

連日のクリスマスパーティーで疲れきったから、年末年始は家でゆっくり…と思ったけど、
そうはさせてくれずDentistの家に招かれて、ランチ。
e0201480_2472512.jpg

素敵な家!
娘さんのアルバムを見ていたら、Birth certificate(出生届)があった。
20年前のbirth certificate、立ち会い医は、今のドクターだった。
そんなドクターはちょうど私の20歳上。なので、今の私と同じ年のドクターがとりあげたことになる。歴史を感じ、何だか感動。
「人間関係は何より大事」といつも言っているドクター。
20年も同じ場所で勤務できるのは、こんな気遣いと、周りからの信頼なんだと思う。

Dentistの親戚と任地巡り。こんなステキな海も。
e0201480_248970.jpg


日本の正月みたいに、買い出しの人多数。車も人もバイクもトライシクルも多い。
外に出ると子どもたちがみんな銃で遊んでいる。おもちゃだけど、危ない。雰囲気怖い。
こんな感じで、たくさん売ってる。。。
e0201480_252166.jpg

マニラでは、本物打って、流れ弾で亡くなった子もいたらしい…。

そして、大みそかは。
年越しそば買うの忘れたので、マーケットにあるもので、年越しうどんを作る。
近所のRedcrossのナースと、KOICAの友達と。あと、Redcross宅の大家さんとでディナー。
e0201480_2484220.jpg

e0201480_2491033.jpg

若干失敗のおはぎ…じゃなくて、もち。あんこはフィリピン人にも好評。

そして
New Yearのmassへ。
e0201480_2494374.jpg

クリスマスより人が多い。歌多くて、ミュージカルを観ているようでおもしろかった。
e0201480_250445.jpg

11時45分。家に帰る途中から、花火、爆竹がすごい。
何となく、レイテより花火の規模と量がすごいのは、やっぱりこちらのほうが経済的に豊かな証拠なのかもしれない。
(※年明け追記:今年のけが人は2人。フィリピン全土では死者も…)
e0201480_2503781.jpg


そして、年越しミリエンダ。近所のRedcrossの大家さんの家で。
1時半頃、帰宅。

こうやって、2013年が幕開けしました。
また環境が大きく変わる1年。変化に適応できるように、頑張ります。
[PR]
by motokayo | 2012-12-31 23:46 | Baler life

フィリピンATMのなぜ?

フィリピンのATM。機械自体は日本とだいたい同じ。
でも、おや?と思うことが多々。

①すごい行列(30mほど)。30分待ちを覚悟したら、意外とすぐ順番がまわってきた。
→客ひとりにつき、数人の付き添い。みんなで並んでしまう。
フィリピン人、ひとりで行動するのが嫌い。

②ATMが混んでいると「他に行って」と店員に言われる。
他の支店ならまだしも、ほかの銀行勧めてくる。

③ATMが普通に、通りに面している。boxなし。
→やろうと思えば、誰でも画面覗ける。操作中に足元にストリートチルドレンがいたりする。

④操作のわからないおばちゃんが、次の人にやりかた聞いて、一緒に操作してたりする。
暗証番号ばれないのか??

⑤たまに、あり得ない量の札でくる。
5000ペソが全部100ペソ札とか。

…と、こんな感じで、お金おろすのも注意が必要。
機械トラブルも多いから、イライラしない根気も必要。

2年間、ATM使ってふと思ったことでした。
[PR]
by motokayo | 2012-12-28 21:40 | Baler life

犬に咬まれた人たち

…が外来にやってきた。

1人目。手がパンパンに腫れてる。2ヶ所、3cmほどのパックリ切れた傷が…。
切れているのは、恐らく犬歯の部分。これもしかしたら、ナート(縫合)必要かも?と思うくらい。
咬んだのは野良犬らしい。痛かっただろうに。

2人目。8歳の子。足に内出血が。飼い犬が咬んだらしい。
私も昨年、ホームステイ先で引っ掻かれてとりあえず、2本狂犬病の注射を打った。
そのときの傷と似ている。

この8歳の患者さん。カルテのBirthplace に Japanと書いてある。
私が聞く前に、お父さんが気づいて「日本人ですか?」と日本語で聞いてきた。
仕事で日本にいるときに生まれたらしい。しかも、両親ともにフィリピン人という珍しいケース。
この子も3歳までは日本語onlyで育ったらしい。それからフィリピンに来て5年、今は完全タガログ。
お父さん曰く「1ヶ月で何となくしゃべれてましたよ」って。
いやー子どもの適応力はすごい!
しかも、「とよしきー(←地名)」とか、日本語結構覚えていた。

そして、お父さんに言われたこと。
「スカイツリーは東京のどこにできたんでしたっけ?」(←日本語)
一時帰国のときにバスから見たけど、どこだ?? 
結局ちゃんと答えられなかったら「確か、浅草の近くだったと思うんですけどねー」って。

わかってはいるけど、浦島太郎です。
帰国したら、日本の情報に溺れそう…。

そして、家の近所で見かけた方。
e0201480_0304637.jpg

マニラ在住のようだけど、フィリピンで初めて見た!
生きていくの大変だろうに…。
[PR]
by motokayo | 2012-12-28 00:04 | Baler life

クリスマス明け

e0201480_23555527.jpg

PT室の前に貼ってあったもの。(12/20撮影)
リハビリやりに来たのに、1/2に来いって…日本人なら逆ギレするはず。

クリスマスはみんな思いっきり休みます。その代わり、新年は1/2から。

外来ドクターもみんな休み。なので、院長(Provincial Health Officer)直々に診察。
日本で言うと、県庁で勤務している保健医療部長が病院で診察するような感じ。
ありえない!
e0201480_23513334.jpg

普段診療しない麻酔科医も、薬の本片手に診察(笑)

でも、世間はクリスマスの余韻でのんびり。患者さんもいつもよりは少ない。
休んでいるスタッフも多くて、まだ仕事にはならず。

で、こんなものを発見。
e0201480_23521190.jpg

物品管理票。今まで知らなかった。
各部署で必要なものをオーダー。それを総務がまとめて、州オフィスにオーダー。
で、州から物品が来る。
だからか、スタッフのコスト管理はかなり薄い。年度末に予算が足りなくなるのは納得。

そして、特殊(?)ケースが来ると、ERがざわつくからすぐわかるのだけど、今日も行ってみたら、何でざわついたかわからず…。
小さい女の子が横になっていたけど、どこが悪いんだろう??と思っていたら
「nabuwal na(←溺れた)」と言われ、溺死した子だと気づく。
あまりにきれいで寝ているようだった。
水を溜めていたとこ(ドラム缶よりひと回り小さいくらいのもの)に頭から落ちたらしい…。
そして、2歳の力では起き上がれなかったらしい…。
昨日まで、Happy Christmasだったろうに…。無念。

台風来ていて、強風・大雨、みんなテンション低く、どんよりした一日でした。
[PR]
by motokayo | 2012-12-26 23:50 | Baler life

任期延長します


後任が既に決定していて、彼女がやってくるまで、3ヶ月の延長が決定しました。
(後任というか、本当は彼女が初代だった…。私が任変で割り込んだだけ。)

理由はいろいろあるのだけど、
①なんだか活動中途半端 →ちょうど1年の評価をしたい。自分&病院にとって
②2月でちょうど病院オープン1年。
=ODAの保障期間が切れる。=いろいろ改造開始??の予感。(すでにプランあり?)
これを阻止したい!
 ※ODAは基本1年間の保障期間があります。それ以降は、自分たちで管理。
が、大掛かりな改修は大使館の許可が必要。
 →②は延長申請書には書いていない(理由にならないから)

③自分のため       などなど。

他国の同期で早い人は8月くらいに決まっていたのに、なかなか決まらないフィリピン隊。結局決まったのは11月。
同期に言われたのは「8月に決まる+3ヶ月と、11月に決まる+3ヶ月では意味が違う。11月に決まる3ヶ月はあんまり意味ない気がする」と。彼の指摘はいつも鋭い。
私もちょっとそんな気がする。こんなに遅くなると思っていなかった。

でも、貴重な+3ヶ月。
帰国後のプランはある程度決めているので、あとは残りの数ヶ月を悔いなくこなすのみ。

…と思ってたら、クリスマス突入で、とりあえず、連日クリスマスの準備。(病院なのに…)
The! Philippine!
e0201480_18415373.jpg

受診した子どもにあげるプレゼントらしい。なぜ受診でプレゼント?
中身は3ペソ(6円)のお菓子とかだけど。
[PR]
by motokayo | 2012-12-16 18:45 | Baler life

Red crossデシピ

お世話になったRed crossの看護師がもうすぐ帰国。
なので、デシピがありました。

家のオーナーさんが主催だったのだけど、今まで参加したデシピで一番感動した!
スライドショー&日本語によるスピーチ。
家は歩いてすぐなので、わが家のミンミン(犬)に「一緒に行く?」って聞いたらトコトコついてきた。
日本語通じる!
e0201480_0385074.jpg

臨月。もう産まれそう。
おこぼれをもらってました。
e0201480_0392765.jpg

私が初めてBalerに来た日から、いろいろ相談にのってもらったり、お世話になりっぱなし。
彼女がいなかったら、他の任地にしていたかもしれない。
いろいろありがとう!!
↓team Red crossとその大家さんとKOICAと…とにかくいろいろ。
e0201480_0395193.jpg


次の看護師の方も話しやすい感じでよかったですー。
彼女も半年。彼女が帰るころは、私もあとちょっと!になっているんだろうなー。
[PR]
by motokayo | 2012-04-20 00:35 | Baler life

ラべリング

ここ数日、毎日午後は停電。
ミーティング第2回を予定していたけど、やっぱり停電。
e0201480_21332996.jpg

窓開けても、カンファレンスルームは暑いので、患者さんがいない外来で。

停電なので、プロジェクターあるのに使えない。小さいパソコン画面でやるしかない。
扇風機も回せないから暑い。

外来でやったから、外来スタッフも横で聞いていて「ラべリングするといいよー」と言ったら、
翌日こんなものが出来ていた。

大量のon-off
e0201480_21363780.jpg

で、こうやって使う。
e0201480_21381431.jpg

停電すると、onなのかoffなのかがわからなくなって、そのまま帰ってしまうと、復旧したときにつけっ放しになるので、よくない、と思ったらしい。

その考えはステキ!
なので、とりあえず、誉める。ピノイは誉めて育てるタイプ。

でも、音楽大音量でかけてるなら、そこも節電ポイント…のはず。
自分たちが楽しむために、ガンガン音楽かけている。
そのうち、言おうかな~。
[PR]
by motokayo | 2012-04-18 21:32 | Baler life

Red cross訪問

任地で、唯一の日本人がいる場所。
日本赤十字が国際救援部を持っており、プロジェクトサイトになっています。
日本から半年交代で看護師が常駐。
Red cross。前々から一度行ってみたくて、やっと実現。

オフィス。
パッと見は古そう。汚そう…。
e0201480_21285899.jpg


でも、中はRHUと似ている感じ。
e0201480_21292093.jpg


ちょうど、新しい要員の方が赴任したばかりで、オリエンテーションだったので、一緒に参加。
e0201480_21294361.jpg

日本赤十字と、フィリピンのRed crossが共同でプロジェクトを実施。
フィリピンにはもうひとつ、プロジェクトサイトがあるらしい。
↓Res cross' car
e0201480_21302275.jpg


こちらは『仕事』なので、何をやるにも、決裁が必要。
このやりとりに時間がかかったり、天気悪くてプロジェクトサイトに行けない(道が悪い)
…とかで、運営は難しいらしい。

でも、彼女を見ていると、やっぱり仕事とボランティアは違う、というのを強く実感。
やっぱり、仕事したい。
[PR]
by motokayo | 2012-04-18 21:24 | Baler life