青年海外協力隊で保健師として活動しています。2011.1.12~フィリピンにやってきました。


by motokayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:現地語訓練( 5 )

現地語訓練終了

やっと現地語訓練終了。

思い出したくもないくらい、ストレス満載。
全然話すことはできないけど、終わったことで満足です。

最後はストレスで体調も崩し、1日寝込みました。
その後、スタバで数時間療養。(←ジプニーで40分)
なんとか回復しました。

フィリピンの東大にあたる、フィリピン大学ロスバニョス校(UPLB:農学部)で、
現地語の先生とともに泊まり込み、23日間。
マンツー
e0201480_2295693.jpg



雰囲気が自分の大学に似ていて、何だか懐かしかった。
校内に川もあるし。
e0201480_2302272.jpg

極めつけは、さーたーあんだぎー(沖縄のおやつ)が売ってたこと。

夜歩いても常に学生がいるので、安全(?)

ジプニーで郊外まわったり、マーケット行ったり。
e0201480_2323578.jpg


そして、バレンタインの日から、学園祭のようなフェスティバルが始まって、のぞいてみました。

観覧車に乗ったり、
e0201480_2332680.jpg


ロッククライミングしたり。
e0201480_235370.jpg

中学生くらいの子がスイスイ登っていたのに、私は途中でダウン。
腕の力不足と、体重が重いのとで。
(NTC終了時から6kgは痩せたんだけど)


語学学べたのはもちろん、アジア各国からの留学生と友達になれたことはよかった。
ロビーで、一緒に勉強してた。
e0201480_23699.jpg


自分もイライラしてたけど、単位落としてもっとイライラしている人を見て、
何だか自分の大変さはちっぽけだな~と思ったり。
いろいろ自然と励まされてた。

多くの留学生が、国費で来てた。
official pasportで来ている人も。
フィリピンの東大なので「友達が東京大学に留学してるよ」って人も多い。
とにかくまじめ。

来週、ボランティア調整局へ行きターンオーバーセレモニー、
22日~いよいよ任地です!
[PR]
by motokayo | 2011-02-17 23:27 | 現地語訓練

KUMONと今

『1人に1日1個、何でもいいから誉めて』

って言われました。
学生のとき4年間バイトしてた公文で。

就職してから職を転々としてるけど、一番長く続いた仕事は学生のときの公文です。
居心地が良かったのかな。ずっと丸つけしてた。
だから1ケタの計算は得意?です!1秒で15問くらいはチェックできる!

小学校の前だったから、生徒は小学生ばっかり。
小学生から、沖縄のこととか自然といろいろ教えてもらった気がします。
そして、人への教え方・接し方も自然と教えてもらった

「絶対誰にも言わないで~」って秘密?打ち明けてくる子とか、
「うちのお父さんって△△なんだ」とか話してくる子。
いろんな子がいて楽しかった。
4年間いたから、5年生も中学2年生になるわけで、その成長も楽しかった。

話戻るけど、それで、ほんのちっちゃいことでも誉めてました。
「このあいだより1分早くなったね!」
「この字きれいに書けてるね!」
「この問題難しいのによくとけたね!」とか。

それでやる気を引き出す、という感じです。
誉めてくれる先生がいると、また頑張ろうという気になるのです。

多分それは年齢・国籍問わず一緒だと思う。
しかし、今の私の環境は全く逆。

「そんなに勉強して、何で単語が覚えられない?」
「ちゃんと勉強してるのか」
みたいなことを聞いてくる。
語学は嫌いじゃないけど、この先生の下では、もういいかな…って感じです。
毎日相当ストレスで、胃もキリキリして痛い。
JICAに相談したら、自習にしてもいいと言われたので、様子見て休もうと思う。


フィリピンにKUMONがあるそうです。
というのを新聞で知って、ふと思い出した公文の思い出↑でした。

タガログ(国語?)あったらやろうかな~と思ったけど、算数と英語だけみたい。
任地の近くにもあります。見学?に行ってみたい。

でも公文に通える子って…相当余裕のある家庭な気がする。
日本でもそうだけど。
[PR]
by motokayo | 2011-02-12 00:23 | 現地語訓練

ワライ語漬け

残り10日くらいです。
pero(but)、ほとんど話せない。

一応、先生とマンツーで一日6時間。+4~5時間復習。
国試のとき並みに勉強してる。

けど、伸びない。

同期よりは勉強時間は長いと思う。
けど、一番話せない。
多分、baseの語学力の違いと(他はみんなNTCでトップレベル)、習った会話をすぐ使えないことだと思う。
あと、普段使ってない頭を使ってること。薬の名前は1回聞けばほぼ覚えるし。

フィリピン国内でもマイナーな言語なので、この地域には話せる人はいない。
先生だけ。

授業もなんだかイマイチで、文法ばっかりやってる。
しかも例文で、新しい単語を出しまくるから、さらに混乱。
説明も回りくどくて、混乱。
こういうこと言いたいんでしょ!って確認しないと違っていたりする。
なので、常に口論みたい感じです。
他に聞く人いないので、我慢するしかない。
最近は先生がストレスなので、授業以外は会いません。なので、会話練習もできない。
※先生も同じホテルに泊まりこんでます。

(NTCでもこんなクラスがあったな…と。彼の気持ちがすごくよくわかる!)

先生の態度もイマイチで、授業中に携帯いじって普通に話したり、TEXTやりとりしたりしてる。
フィリピン人、直接言うとプライドがかなり傷つくらしいので、これは、そのうちJICAに言おうと思ってます。

復習は、ホテルのロビーのような共用スペースでやっているけど、4~5時間やっても全然苦痛じゃない。
なぜかっていうと、アジア各国からの留学生が一緒に勉強してるから。
国費で来ている人もいて、みんな必死に勉強してます。

よく会うのは、東ティモール、ミャンマー、ラオス、フィリピン。
時々、ブータン、インドネシア。
うっかり寝てしまった日には“昨日来なかったね!どうしてたの?”と言われます。
みんないい人。

共通語は英語で、口論も英語。なので英語はちょっと伸びた気がします。
気のせいかもしれないけど。

マニラでTOEIC受けられるようなので、今度受けてみようと思います。
[PR]
by motokayo | 2011-02-06 19:03 | 現地語訓練

I made mistake at ATM!

先日、ATMでお金引き出したら、残金470!

口座作った時に30000ペソ以上入ってたのでこれはおかしい!
誰かに引き出されたか!と焦った。

そしたら…
間違ってUSドル口座から引き出してしまっていたのでした。

※生活費がUSドルで入るので、USドル用の口座とペソ用の口座があります。
しかも同じカード。見分けがつかない。

しかも、銀行の規定で残高500ドル切ると罰金。
なので、間違って引き出した段階で罰金。

で、ここからが大変。
銀行の窓口に行ってペソ出したら「ドル口座はドルでしか入金できません。マーム」
と言われ、じゃあ、USドルに両替してよ、と言ったら、
「うちではできません、マーム」との返事。
「4時半まで開いてるから、待ってます~」って。

まぁよく考えれば、日本でも小さな支店では両替できないな~と思ったり。

教えられたとおりに、徒歩5分ほどの両替所に行こうとしたけど、小さすぎて見つからない。
他の銀行の人に聞いたりして、やっと見つけたけど…

「ゴメン、100ドル札しかないの」と言われ、
またATMに行きペソを下ろし、やっとUSドルをゲット。
また歩いて最初の銀行に戻り、やっと入金。
入金だけに計1時間半かかった。銀行スタッフ笑ってた…

みんな大らかというか、のんびりというか…
この雰囲気は、沖縄生活で慣れているけど、それを超える大らかさ。
イライラの閾値が上がっていく今日この頃。
[PR]
by motokayo | 2011-02-04 23:00 | 現地語訓練

ワライ語開始

正確にはワライワライ語です。
メジャーなタガログ語とはちょっと違います。

レイテ島の東側1/3(残り2/3はセブアノ語)と隣のサマール島で話されている言葉。
でも、サマールは治安が不安定でJICA的に進入禁止なので、かなり限られたところでしか使えません。

70人弱いる協力隊員の中でもワライ語話せるのは5人ほど。
先生がいるだけ奇跡です。

今滞在しているフィリピン大学ロスバニョス校(フィリピンの東大)はタガログ語圏なので、勉強しても先生にしか話せない…という残念な環境。

そして、English→Warayの辞書はあるけど、Waray→Englishの辞書がないので、ホント大変です。
先生に聞くしかない、けど“(文法が)人によって違う”とか言われるとどうしようもない。

タガログ以外の現地語はきちんと学校でやらないから、口頭で伝えられてきた部分も多くて、あいまいな部分も多いらしい。
小学校から学校では英語。なのでみんな英語はうまい。
“Thank you , po”(Tagalish:poはタガログの丁寧語)とか“~ mam?”とか独特の英語です。
mam はもう慣れたけど、ホントすごい。
必ず語尾につく。丁寧語らしい。
このあいだ、スーパーでジャパネット的な実演販売をしてたけど、momの連発だった。
“ちょっとみてください。マーム”
“こんなによく切れますよ。マーム”
“今ならもうひとつついてきますよ。マーム”みたいな。

授業は英語でやるし、生活も全て英語で、どこでも通じるので、英語力は上がったような気がする。
ワライ語は1日80語ペースで新しい単語がでるので、もう飽和状態。
そして、英語の“L”の発音が“R”みたいな感じで、“R”は“RRR…”くらいものすごく舌を巻く。私、巻き舌できないので、致命的。難しい!
だからスペイン語避けてきたのに!

ちなみに“waray”は“nothing”という意味。どんな言語なんだか…
2/18まで続きます…
[PR]
by motokayo | 2011-01-31 03:03 | 現地語訓練