青年海外協力隊で保健師として活動しています。2011.1.12~フィリピンにやってきました。


by motokayo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ゲームいろいろ

課業の一環です。

その① Bafa Bafa(異文化体験ゲーム)
先週末実施。
α国とβ国と、それぞれ仮想の国が設定され、お互いの情報は知らない。
途中数人ずつ入れ替わり、異国を体感してくる、というもの。お互いの言葉もわからない。
人が交換することによって、少しずつ体感した情報が入ってきます。

ちなみに、α国は陽気な国。女性にやさしく、手持ちのカード(6色×10の数字)は特に意味はない。
β国は、カードがお金代わり。お金が全て。笑ってはいけない。笑うと睨まれる。自分本意。暗い感じ。

私はβ国でした。笑わないって難しい。
体感だけで文化を知るって限界があると思った。


その② 貿易ゲーム
本日実施。
設定された国(班)別に、文房具・お金・紙が置いてあります。
先進国の設定の班は、全て豊富にそろっている。
途上国は紙1枚だけ、とか。
これを元に、指定された作品を作り、マーケットでお金に換え、生活に必要な食糧・医療…などそろえていきます。
「紙1枚あげるから、はさみ5分貸して」とか交渉していきます。

設定が細かくて…
途上国は暗い(会場の電気消されてた。暗くてきれいな作品が作れない)、文房具も少ない。作品作っても、1mmでもずれていたら、買い取ってもらえない。
先進国はマーケットに近い(新しい情報が入る)、文房具も豊富。

とか。
途中、途上国の班にはJICAの援助とか、NGOの援助とか、協力隊が来たとか、いろんな設定がありました。
けど、JICAの援助で裁断機とコンパス(黒板で使うようなでっかいやつ)がきたけど、細かい作業なので、あんまり役に立たなかったり、協力隊もすぐ帰ってしまって、何の役にも立たなかったり、
援助の実際を表していました。

ゲームを通して、たとえ協力隊でも、援助が来ると何か期待してしまうことを実感。
でも、結局何も残さなかったのを見ると、期待を裏切る感じがして、身がひきしまる思いです。


今日でちょうど1/3終了。
あと2/3と思うと長い気もするけど、英語が進歩していないのを考えると、あと2/3では足りない気がします。
どれくらい伸びるんだろう?
どれくらい太るんだろう? 昨日ちょこっとランニングしました。
[PR]
by motokayo | 2010-10-27 23:13