青年海外協力隊で保健師として活動しています。2011.1.12~フィリピンにやってきました。


by motokayo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ストに巻き込まれる

ワークショップでネグロス島ドマゲッティに行ってきました。
その内容は後日。

帰り、空港でチェックインしようとしたら「3か月来るのが早い」って…
よく見てみると12/28のフライト予約してあった。
完全にミスです。
これが不運の始まり。

PAL(Philippine Airlines)がストをしていたのは知ってたけど、直接影響なかった。
でも、この日は満席。翌日の午後便を予約。(ドマゲッティ→マニラは2便しかない)
不幸中の幸いは、格安チケットではなかったので、振替ができたこと。
翌日、フライトの1時間半前に空港に行くと、欠航が判明。
その後、セブパシフィックという、もうひとつのほうをキャンセル待ちするも、乗れず。
昨日泊まったところにもう1泊。

<2日目>
翌日、念のために午前便をキャンセル待ちしようと思って行くも、PALは乗れず。
あと10人だった。
午後便は欠航なので、セブパシのキャンセル待ちをすることに。
時間があったので、そこで知り合ったおばちゃん(Government関係のオフィスに勤めているらしい)2人と、空港向かいのカフェへ。

カフェの店員さんから、某隊員の話を聞き…
ワイワイ話していると「寝ていっていいよー」ってカフェの一角を提供してくれた。
1時間ほど爆睡。
店員さんは「日本人よく来るけど、セブアノ語できないし(←当たり前)英語もわからなかったりするから、話しかけづらい」って言ってた。
その後、おばちゃんから、バナナをもらい、地元で有名なケーキ?とパティスリーをもらった。
おばちゃんたち、タガログ語なので、なんとなくしか言ってることがわからない。

セブパシの時間になって行ってみたら、14番だったのに16番に変わってた。
多分2人、何らかの方法で割り込んだ。
でも呼ばれたのは11番まで。
「先行くね~」って言っておばちゃんたちは、マニラへ。

この瞬間、近くにいる人が泣き崩れた。バンクーバーに行く予定だったらしい…。
泣き崩れた人と、私とにPALがホテルをとってくれた。食事付で。
そして、翌日分のChance passenger(キャンセル待ち)の番号をくれた。
この状況見てたトライシクルのドライバーが「(Price is)up to you! Free OK!」と言ってくれた。
しかも翌朝、約束した時間より早く迎えに来てくれた。
でもこれ、すぐに諦めて帰った人には、何も対応なし。
何だろう?この違い。
私は前日のホテル代も交渉し、全額返してもらった。
けど、領収書がofficialじゃなかったので「今すぐ戻ってもらってきて」と言われ、
P600(1200円)をもらうのに、トライシクル代P240(480円)
どうなんだろう?

ホテルはそこそこ高級なとこでした。

<3日目>
言われた通り、早く(6時)に空港行くも、開いておらず、6時半に中へ。
早く行ったから何ができるわけでもなく、最初は昨日のセブパシの番号を使うって言われたけど、後々になって、プライオリティ番号を使うと言いだし、乗れる気が全くしなかった。
そのまま1時間半カウンターの前で待ちつづけ、やっとチケットget!
妙な連帯感…というか、知り合いが増えて、機内は知ってる顔がたくさん。

フィリピン人、無駄にリストを作るので、リストが多くて混乱してた。
でもすごいのは、待てないけど、クレームを言わない。
言っているのは外国人のみ。
逆に番号呼ばれると「ワーイ!」って子どものように喜んでた…。
この明るさ、すごい!

乗れたフライトもいつも使うターミナル2が使えず、ターミナル3へ。
翌日、任地へ戻るフライトを予約してあるので、PALのオフィスがあるターミナル2へ。
そこで100人待ち。
でも、ドマ空港で会った人たちが何人かいたのと、スナック用意してくれたのもあって、退屈せず。
バンクーバーに行きたかった彼女は、マニラ→北京→バンクーバーがバンクーバー直行便に乗れることになり、そのまま急いで国際線へ移動していった。

もうひとり、シカゴから来たおっちゃんは、
マニラ→香港→シカゴ→最寄空港 が全て乗れなくなり、途方にくれてた。
後で知ったけど、この日、国内線でフライトが飛んだのはたった16便。
本当に乗れてよかった。

今回、私ひとりにかけたお金だけでもかなりの額。ストって相当なダメージと思う。
何でやるんだろう?
オフィスで「いつまで続くの?」って聞いたら、「私たちも知らない。オーバーワークで疲れた~」って言ってた。

で、マニラに着いたけど、まだまだ終わらない。
元々予約してあった翌日のフライトはすでにキャンセル確定。
翌々日の火曜に変更。しかもいつも3便あるフライトが1便のみ。

で…当日になったら、朝PALからTEXTが。
「今日のフライトはキャンセルです。質問ある人は電話ください」って…
このキャンセルが、後々大事件に。

つづく。
[PR]
by motokayo | 2011-09-26 20:00 | フィリピンあれこれ