青年海外協力隊で保健師として活動しています。2011.1.12~フィリピンにやってきました。


by motokayo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

やっと活動計画着手!

本当は6ヶ月目で提出するもの。
今までは全く手を付けられないくらい、活動にならなかった。
それが、今回は赴任2週間で完成!
でも配属先を十分に知らないで作成したこともあり、内容は浅い。
日本語と英語バージョンを作成。

Drとチーフナース(ナースのトップ)に見てもらって、修正。
来週、head nurse(各部署のトップナース)に発表してって。

とりあえず今は、配属先が以前よりしっかりしているので、やりやすい。
普通の配属先だったら、こんな感じだったんだろうな…と。
昨年1年分で話した分と同じくらいの内容を、3週間ですでに話した気がする。
しかも前はどうでもいい内容がほとんど。活動の話をすると溜息つかれた。
今はまともな内容がほとんど。
Drは日本に行ったことがあって、日本のやりかたを真似たいという思いが強い。

だけど、来月、同じ配属先にKOICAもやってきます。活動する病院は違うのだけど、やり方を比較してよりよい病院を作りたい、というDrの思惑らしい。
韓国の看護ってどんななんだろう?
JICAの保健担当のスタッフに聞いたけど、彼女もよくわからないらしい。

間違いなく後任が来るので、その人のためにも、ちゃんと土台をつくっておきたい。
2代目なのに全く活動が見えなかった、以前の私のような思いはさせたくないので。

とりあえずの課題は、病院の中に居場所を作ること。
で、「机が欲しい!」ってリクエストしたら、速攻用意された。
「Laptopはいる?」って聞かれて「余ってないでしょ?」って聞いたら「Of course!」って。
なぜ聞いた?

余っている部屋を使えるようになったけど、部屋にずっとこもっているのも何なので、
外来ウロウロしています。

今日は明日Surgical missionっていうのがあるらしく、オペ前の患者さんであふれかえってた。
が、ベッドが空いていないので、隣の病院へ移動。(10kmくらい先)
e0201480_2544888.jpg

明日オペのために戻ってきて、オペ直後に戻って、また隣の病院で経過みるらしい。
オペ直後の人を搬送って…ありえない!
[PR]
by motokayo | 2012-02-27 20:47