人気ブログランキング |

青年海外協力隊で保健師として活動しています。2011.1.12~フィリピンにやってきました。


by motokayo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ワライ語開始

正確にはワライワライ語です。
メジャーなタガログ語とはちょっと違います。

レイテ島の東側1/3(残り2/3はセブアノ語)と隣のサマール島で話されている言葉。
でも、サマールは治安が不安定でJICA的に進入禁止なので、かなり限られたところでしか使えません。

70人弱いる協力隊員の中でもワライ語話せるのは5人ほど。
先生がいるだけ奇跡です。

今滞在しているフィリピン大学ロスバニョス校(フィリピンの東大)はタガログ語圏なので、勉強しても先生にしか話せない…という残念な環境。

そして、English→Warayの辞書はあるけど、Waray→Englishの辞書がないので、ホント大変です。
先生に聞くしかない、けど“(文法が)人によって違う”とか言われるとどうしようもない。

タガログ以外の現地語はきちんと学校でやらないから、口頭で伝えられてきた部分も多くて、あいまいな部分も多いらしい。
小学校から学校では英語。なのでみんな英語はうまい。
“Thank you , po”(Tagalish:poはタガログの丁寧語)とか“~ mam?”とか独特の英語です。
mam はもう慣れたけど、ホントすごい。
必ず語尾につく。丁寧語らしい。
このあいだ、スーパーでジャパネット的な実演販売をしてたけど、momの連発だった。
“ちょっとみてください。マーム”
“こんなによく切れますよ。マーム”
“今ならもうひとつついてきますよ。マーム”みたいな。

授業は英語でやるし、生活も全て英語で、どこでも通じるので、英語力は上がったような気がする。
ワライ語は1日80語ペースで新しい単語がでるので、もう飽和状態。
そして、英語の“L”の発音が“R”みたいな感じで、“R”は“RRR…”くらいものすごく舌を巻く。私、巻き舌できないので、致命的。難しい!
だからスペイン語避けてきたのに!

ちなみに“waray”は“nothing”という意味。どんな言語なんだか…
2/18まで続きます…
by motokayo | 2011-01-31 03:03 | 現地語訓練

ホームステイ報告

今さらですが…
1/18~21まで任地に行ってきました。 

同期4人みんなバラバラ。最初の出発者に合わせて、朝6時45分頃、空港着。
ひとり、ひとり…と見送り、私は一番最後で、9時10分搭乗開始…のはずが、
“あと5分待って”とのアナウンス。
その5分後、“やっぱり10時まで待って”とアナウンス。

理由は、マニラは晴天だったけど、目的地のタクロバンが台風並みの大雨だったそうです。
このアナウンスがさっぱり聞き取れず(速くて…)偶然にも同じ便に搭乗する日本人が隣で通訳しているのを盗み聞きしました。

国内線なのに7人ほど日本人がいた!

もっと英語力つけなければ。

フィリピンはクーラーガンガンに効かせるのが最高のおもてなし…なので空港も機内も最高に寒い!
結局、出発したのが11時前だったので、4時間ほど寒い中に。

↓沖縄の離島で飛んでるサイズの機体。帰りのタクロバン空港にて。
e0201480_2245170.jpg


最初に“当機はタクロバン行きです。間違ってる人は降りてください”ってアナウンスがあった。
そうなる前にどこかで気づいてほしいけど…。

任地の第一印象は、大雨でジャングルっぽいとこをひたすら走ったので、すごいとこに来たな…と。
でも、晴れたら、のんびりしたとこでした。

ホームステイした家は助産師の別宅。リフォーム後ですごくきれい。
ホットシャワーはないものの、シャワーはあるし、トイレは水洗。
家にカラオケセットがあった。
けど、JICAの条件的にアウトなので、これから他の家を探さないといけません。

食事は、日本食に似ています。
米と魚(しかも醤油で)、あと肉いろいろ。ゴーヤーもあるし。
マーケットでは肉より魚が多かった。
e0201480_22263913.jpg


e0201480_22301222.jpg


e0201480_22315343.jpg


職場のRHU(Rural Health Unit).
かなり古い。汚い。暗い。人は明るい。

こんな感じ↓
e0201480_22125739.jpg

隣町、隣の隣町はODAの援助が入っているので、そこそこの施設があります。
かなり差がある。
3日間RHUの活動を見たけど、これでいいんだろうか?と思うこともたくさん。
だけど、これで何とかやってきたんだろうな…と思ったり。

↓フィラリアの予防薬配布
e0201480_22165495.jpg


前任者がいるけど、町じゅうの人みんな知っていて、その行動にビックリです。
(JICAのこともよく知っているのでやりづらい部分もあるけど)
比べられるのは仕方ないけど、自分のできることをやっていこうと思います。


とりあえずは活動より生活に慣れること!
by motokayo | 2011-01-30 21:45 | Dulag life

バス爆発@マカティ

今日から、フィリピン大学のロスバニョス校で現地語訓練開始です。
マニラのドミから車で1時間半…(多分)
山の中です。でも学生いっぱいで懐かしい感じ。

初日はオリを兼ねての校内(+校外)散策で、teachersとフラフラしてたら、JICAから“マカティで爆発あり”と緊急連絡のTEXTが入ってきました。

いつもよく歩くところの近くで、バスに仕掛けられた爆弾が爆発したようです。
しかも昼間。4人亡くなったそう。

1日早かったら、近くにいたかもしれない。
ここ数日はバス使って買い物行ったりしてたし、バスに乗ってたかもしれない。
爆破されたバスもどっちかって言ったら、きれいなバスだし、見た目で判断できない。
だんだん慣れてきて、ジプニーも乗りまくってるし。
もしかしてこれも危ないのか?と思うけど、乗らないと生活できない。

ドミのあるマカティ市は、高級住宅地+オフィス街。
ビルや大きなショッピングモールもいくつかあって、雰囲気は日本と変わりません。
スーパーもそのショッピングモールの中にあるので、よく行きます。

そのショッピングモールも2年に1回くらい爆発があるようなので、注意が必要です。
…って言いつつ、ホント何を注意したらいいのかわからない。
それがテロの怖いとこかもしれない。
by motokayo | 2011-01-25 21:44 | マニラ生活

ホームステイ終了

無事帰って来ました。

詳しくは後日。
まとめると、

1 かなり田舎。私の任地Dulag、隣町には外食できるとこは皆無。
  マーケットはあるので食材は豊富。
  食事は日本の味にかなり似ている。
2 前任者のキャラが濃く、町じゅうの人が彼女を知っていたこと。
  なので、ボランティアの受け入れはかなりいい。治安もかなりいい。
3 Health centerのスタッフがJICAに何か期待していること。
  (隣町、隣の隣の町にはHealth center に援助が入っているので、差は歴然)
4 ホームステイがきちんと決まらず。
5 NTCでのEnglish trainingがかなり役立った!
  でも、英語は普通に通じるけど、それよりワライ語かな。
6 要請内容より先にやることがあるのでは…?

などなど。書いたらキリがない。
とりあえず、今日は韓国料理屋さんに行き、久々の普通のごはんを満喫!
(フィリピンの米、パサパサなので…)

3日後には現地語研修のため、また地方へ。
少しのあいだ、都会を満喫します!
by motokayo | 2011-01-21 23:00 | Dulag life

明日からホームステイ

3泊4日で任地へ行ってきます。
初国内線!

ホームステイしつつ、職場の顔合わせと、あとこれから住むところを自分で探してきます。
行きは空港まで送って行って、最寄りのタクロバン空港(マニラから1時間20分)までもお迎えが来てくれるよう。

帰りは、任地からマニラのドミまで自力で帰ってきます。
同期みんな飛行機なのですが、私は一番遠いので、みんなより到着が遅くて、空港から一人です。

ジプニー乗り継げば安く帰ってこれるけど、ジプニーの行先把握するのが大変。
どうしようか…??

ホームステイも、前任者の方が、ホームステイでトラブル続きだったため、同じところじゃなければいいな…と思いつつ、自分で見つけるのもまた大変そう。

現地語まだ話せないし、英語もままならないのに…
どうなることやら。

とりあえず、行ってきます!
by motokayo | 2011-01-17 22:06 | マニラ生活

何でもアリなフィリピン

NTCにいたフィリピン人の先生も写真好きだった。

街中でもそう。とにかくノリがいい!
アフリカでは隠し撮りしないといけないとこもあるみたいだけど、正反対。

このお姉さん、本日がラストみたい。みんなで服にメッセージ。
日本って制服貸し出しだから、こういうのできないな~
いや、できたとしても、勤務後にやるでしょ!
私もちょっと書かせてもらった。
e0201480_21291441.jpg


カラオケのマイク(家庭用のやつ)売ってる店では、デモかと思ったら、お姉さん実際に歌ってるし…。しかも上手い!

これはパン屋で。
写真撮ろうって言ったら“Of course!”みたいなジェスチャー。
e0201480_2132538.jpg


今日は銀行口座とATMカード作りに行ったけど、金庫の鍵開ける人が急に休んだみたいで、代わりの人もなかなか見つからずに、時間だけが経って…。
一緒に行ってくれたナショナルスタッフもイライラ(←普段すごく温和な人)
時間もったいないから、一旦ドミ帰ったけど、帰った途端に“担当の人が来たよ”とまた銀行へ。
で、銀行行ったけど、なぜか私のUSドル用の口座ができてなくて、聞いたら“やるの忘れてた”って。

国内大手の銀行でもこんな感じ。
もう、何でもアリかな。私は全然イライラはしないけど。

こういう何でもアリな感じ、沖縄で慣れっこな気がする。(ここまでひどくないけど)

フィリピン人、陽気で、何でも引きずらないそうです。
戦争のこともそう。
don't forget, but forgive. (忘れないけど、許す)だそうです。
今日、日本大使館に表敬に行き、大使から教えてもらいました。
by motokayo | 2011-01-17 21:51 | フィリピンあれこれ

フィリピン食事情

またわかる範囲で。

ファーストフードは多いです。
病院の中もファーストフードばっかりだったし。

マック
e0201480_23233035.jpg

メニューはだいたい同じだけど、ハンバーガーは小さい。

フィリピンの有名なジョリビー
e0201480_2324411.jpg


マックもジョリビーもなぜかパスタがある。
そして、ドリンクはコーラが基本。
ジュース選ぶと+α とられる。

このあいだ、Nestea(紅茶)選んだら、恐ろしく甘かった。
コーラが一番無難な世界。恐ろしい。

今まで食べた中で一番おいしかったのはこれ!
e0201480_2328256.jpg

ターホー。柔らかい豆腐に、黒蜜をかけたもの。台湾でも食べた気がするけど、おいしい!

あとは、バナナをやいたやつとか
e0201480_23315624.jpg


たこ焼きもあるけど、作り方が違う。
くるくる回さずに、2つをくっつけてひとつにしてた。
e0201480_23325885.jpg

ソースかけまくりです。

他にもまだいろいろあるはず、だけど、まだ食べてない。
意外なのは、バナナが思ったほど安くない。日本のスーパーよりちょい安いくらい。
マンゴーも安くない。
野菜が高い。特に、イモ・玉ねぎ。

少しずつ自炊しているけど、材料が意外と高いです。

3 in 1 というネスレのコーヒーがあるんだけど、恐ろしく甘い。3はコーヒー+砂糖+ミルクという意味。
sugar freeというのを選んで、やっと普通の甘さ。

そういえば、機内で隣に座ってたフィリピン人はコーヒーに砂糖3本入れてた…。
ブラック探すのが大変です。
砂糖のとりすぎに注意しなければ!
by motokayo | 2011-01-16 23:40 | フィリピンあれこれ

フィリピン医療事情

と言ってもわかる範囲で。

このあいだ、昼休みが2時間近くあったので、JICA近所のMakati Medical Centerを勝手に見学してきました。

エントランス
e0201480_152093.jpg


まだ、クリスマスの余韻たっぷり。
こんなに飾りあって、ホコリたまらないのかな…と疑問。

診療科は細かい!
e0201480_1534843.jpg


Diabets care があるのは、やっぱり…って感じ。
病院の売店は、ほぼファーストフード。ありえない…

病棟はこんな感じ
e0201480_1574551.jpg

病棟は、きれいだし、廊下に何もないし、針廃棄Boxもあるし、しっかりしてそうです。

けど、昼に近所のジョリビー(フィリピンのファーストフード)にいたら、
白衣のまま、院内で履いてるサンダルで買い物に来てた。しかもステートつけたまま。
髪も長いままだし。(基本、フィリピン人ロングヘアです)

んーどうなんだろう?っていうのがたくさんです。
でも入院ってなったら、ここに来ます。

いいと思ったのは、ER(救急)からの患者さんが乗ると、エレベーターが他の階に停止しないこと。
なので、なかなか止まらない。
院内のエレベーターにエレベーターガールがいた!

売店にはなぜか日本のお菓子がたくさん。
クランキーなんか、日本円で200円!それだけ日本人が多く来るのかも。

そして、フィリピンでは、輸血はできるけど、使った分、病院に返さないとけないそうです。
不思議な制度。

保健活動でも、DOTS(結核患者の治療の監視)がひとり終了したら、△△ペソ、とか出来高制?のよう。

地方はもっといろいろ不思議があるのかも。
日本を基準で考えたら、イライラしそうなので、ありのままを見ていきたいと思います。
by motokayo | 2011-01-16 02:14 | フィリピンあれこれ
JICA Philippineです。
こんなビルです。
e0201480_2332645.jpg


セキュリティもかなりしっかりしていて、DOG on Dutyと書かれたベスト着てる犬もいます。
e0201480_2351628.jpg


ここの40階です。
こんな眺め。
e0201480_236377.jpg


外はムシムシしているけど、中は冷房ガンガンきいていて、長袖着ていても寒いです。


そして今日は。腸チフスの注射も。
JICA関係者が行くのはここ。
日本人会診療所。普通に日本です。日本語通じる。
フィリピンには1万人以上の日本人がいて、商社も多くて、職場健診とか家族が受診したりしてます。
法律で日本人は直接診療できないので、日本人Dr.とフィリピン人Dr.が協力して診療してました。
e0201480_23805.jpg


e0201480_23104653.jpg


横の女性はRN(Registered Nurse:正看護師)
e0201480_2313249.jpg

手技が筋肉注射っぽかったけど、全然痛くなくて、聞いたら「inner muscle」って。上手い!
でも、他の人は痛かったって。

でもでも、手技はいいけど、リキャップしてましたー!
きれいに見えるけど、改善点はあるのかも。
声かけも、ほとんどナシ。
地方行ったらもっといろいろありそうです。

ここは診療だけで、もし、入院ってなったら、JICAの向かいにある、マカティメディカルセンターっていう大きな病院へ行きます。
外見はキレイ。
いつか見学してみたい。
by motokayo | 2011-01-13 23:25 | マニラ生活

バロットを食す

フィリピン料理で有名な“バロット”を食べました。
ドミトリーの歓迎会で。
孵化直前のアヒルの卵をゆでたものです。

見た目はこんな感じ
e0201480_22355929.jpg


まず、てっぺんに軽く穴をあけて…
e0201480_22372919.jpg

e0201480_22452823.jpg


中の汁?を飲む。少し塩を入れるといいらしい。
e0201480_2240786.jpg


殻をどんどんむいて…
e0201480_224635.jpg
e0201480_22463285.jpg


こんな感じに。
これは、アヒル度高い方です。

味は…私は黄色いとこ食べたので、淡白な黄身。
黒っぽいとこ食べた人は、カニみそみたいだったよう。
部分部分で味が違うみたい。

でも、自分で進んで食べようとはあんまり思わないかも…。
by motokayo | 2011-01-13 22:53 | マニラ生活